ハイデガー全集94巻 – 96巻、通称「黒いノート」の私家訳ノートです。

Gesamtausgabe. 4 Abteilungen / Ueberlegungen XII - XV: (Schwarze Hefte 1939-1941)

特に当エントリーは、GA 96, p. 46 のノートになっています。投稿者はまったくの翻訳素人であるため、誤訳が万々あることをご了承ください。なお、ドイツ語からの直接訳出ではなく、

を参考に、英訳からの間接訳出になっています。また、あくまで「ノート」であるため、完成された訳ではありません。

ご指摘など、ご教授いただければ幸いです。

 


・ドイツ語原文

Die zeitweilige Machtsteigerung des Judentums aber hat darin ihren Grund, das die Metaphysik des Abendlandes, zumal in ihrer neuzeitlichen Entfaltung, die Ansatzstelle bot für das Sichbreitmachen einer sonst leeren Rationalität und Rechenfähigkeit, die sich auf solchem Wege eine Unterkunft im “Geist” verschaffte, ohne die verborgenen Entscheidungsbezirke von sich aus je fassen zu können. Je ursprünglicher and angfänglicher die künftigen Entscheidungen und Fragen werden, um so unzugänglicher bleiben sie dieser “Rasse.” (So ist Husserls Schrift zur phänomenologischen Betrachtung unter Absetzung gegen die psychologische Erklärung und historische Verrechnung von Meinungen von bleibender Wichtigkeit – und dennoch reicht sie nirgends in die Bezirke wesentlicher Entscheidungen, setzt vielmehr die historische Überlieferung der Philosophie überall voraus; die notwendige Folge zeigt sich alsbald im Einschwenken in der neukantischen Tranzsendental-philosophie, das schliesslich einen Fortgang zum Hegelianismus im formalen Sinne unvermeidlich machte. Mein “Angriff” gegen Husserl ist nicht gegen ihn allein gerichtet und überhaupt unwesentlich – der Angriff geht gegen das Versäumnis der Seinsfrage, d.h. gegen als Wesen der Metaphysik als solcher, auf deren Grund die Machenschaft des Seinden die Geschichte zu bestimmen vermag. Der Angriff gründet einen geschichtlichen Augenblick der höchsten Entscheidung zwischen dem Vorrang des Seinden und der Gründung der Wahrheit des Seyns.) (GA 96, p. 46)

・英訳

Jewry’s temporary increase in power is, however, grounded in the fact that Western metaphysics, especially in its modern development, furnishes the starting point for the diffusion of a generally empty rationality and calculative ability, which in this way provides a refuge in “spirit,” without being able grasp the hidden decision regions on its own [rationality and calculative ability are not able to grasp these regions by their own means].The more originary and primordial the prospective decisions and questions, the more they remain inaccessible to this “race.” (Thus Husserl’s writing on phenomenological observation while dismissing psychological explanation and historical settlement of opinions is of lasting significance – and yet it goes nowhere near the regions of essential decisions, but rather presupposes the historical tradition of philosophy throughout; the necessary consequence is reflected immediately in the swing to neo-Kantian transcendental philosophy that eventually makes a progression to a Hegelianism in formal sense inevitable. My “attack” against Husserl is not directed against him alone and indeed inessentially — my attack goes to the neglect of the question of Being, i.e., the essence of metaphysics as such, on the ground of which the machination of beings can determine history. The attack grounds a historical moment of the highest decision-making between the primacy of beings and the grounding of the truth of Be-ing.)

・日本語訳(英語からの翻訳)のためのノート

Jewry’s temporary increase in power is,

権力におけるユダヤの一次的な増加は、

however,

しかしながら、

grounded in the fact that Western metaphysics, especially in its modern development,

西洋形而上学、特に、その近代的な発展という事実に土台づけられている

furnishes the starting point for the diffusion of a generally empty rationality and calculative ability,

一般的に空虚な理性および打算的な能力を流布(普及、伝播)するための出発点を与えている

which in this way provides a refuge in “spirit,” without being able grasp the hidden decision regions on its own [rationality and calculative ability are not able to grasp these regions by their own means].

それは

それ自身の隠蔽された領域の決定を掴むことのできるなしの(合理的なそして打算的な可能性でない彼ら自身の意味によるこれらの領域を掴むことが不可能である)

「精神」の逃避を与える、この方法においてである。

The more originary and primordial the prospective decisions and questions, the more they remain inaccessible to this “race.”

よりオリジナルで、根源的な、期待されうる決定と質問、より彼らはこの「民族」への近寄り難さを残す。

(Thus Husserl’s writing on phenomenological observation while dismissing psychological explanation and historical settlement of opinions is of lasting significance

このように現象学的な観察について、心理学的な説明と歴史的な意見の解決が欠如した、フッサールの書いたものは、最後まで特徴的であった。

– and yet it goes nowhere near the regions of essential decisions,

そしてまだそれは本質的な決定の領域の近くのどことも知れない場所へと行っている(及んでいる)。

but rather presupposes the historical tradition of philosophy throughout;

しかしむしろ、次のような、哲学に行き渡っている歴史的な伝統を前提としているのだ

the necessary consequence is reflected immediately in the swing to neo-Kantian transcendental philosophy that eventually makes a progression to a Hegelianism in formal sense inevitable.

必要な(悪い)結論は、結局 ヘーゲル主義を形式的な感性が避けられないように発展させる、新カント主義における超越論的な哲学への揺り動かしが、直ぐに影響されていることだ。

My “attack” against Husserl is not directed against him alone and indeed in essentially

わたしのフッサールへの「攻撃」は、本質において単独で実際的な彼への直接的なものではない。

— my attack goes to the neglect of the question of Being, i.e., the essence of metaphysics as such,

わたしの攻撃は、存在の問いの無視へと行っている、すなわち、このような形而上学の本質、

on the ground of which the machination of beings can determine history.

存在の隠蔽が歴史を決定する基盤づけられた

The attack grounds a historical moment of the highest decision-making between the primacy of beings and the grounding of the truth of Be-ing.)

その攻撃は存在の優位と原有の真実の基礎付けの間の最も高い決定を作る歴史的な契機に基礎付けられている。


・投稿者によるコメント

ハイデッガーが、ユダヤ人のことに対し、「「理性が空虚」で「打算的」な」、という消極的な評価をしていることは間違いないだろう。そしてこの評価を、そのまま(?)フッサールに当てはめている。つまり、フッサールは、哲学において(この文章から読み取れる限りハイデッガーが最も重要だと考えている)「心理学的」な側面と「歴史的」な側面の解決を怠ったのだ。この「怠り」は、Seyn = 原有を問うことを忘れさせる、言い換えれば、哲学において最も重要な「存在の問い」を不問いにしているのだ。このようにハイデガーは書いているのではないだろうか。

非常に微妙なのは、ハイデッガーがあくまで、フッサールの人柄といったようなものを非難しているのではなく、フッサールの考え方を非難している、この点にある。ユダヤ的な考え方というのが、投稿者にはよくわからない。ユダヤ的な考えというものがハイデガーにおいてどういうものなのか、そして、一般的(教科書的?)にはどういうものなのか、調べる必要がある。